アンチエイジングに大切な睡眠

アンチエイジング効果をあげる大切なものに「睡眠」があります。「アンチエイジングのカギは睡眠」と言われるほど、アンチエイジングと睡眠の関係は深いようです。
しかし、睡眠時が長ければ良いというものではなく、睡眠時間が長すぎると脳軟化症や動脈硬化などを起こしやすいことが昔から指摘されていました。
これと同じようにアンチエイジングにとっても長すぎる睡眠時間はかえってアンチエイジングの妨げになるようです。
短すぎても長すぎてもいけない睡眠時間ですが、ちょうどいい睡眠時間というのは個人差も大きく一概には言えないのですが、睡眠時間は7時間くらいがちょうど良いようです。短い平均睡眠時間や、逆に、8〜9時間という長い睡眠時間でも、心血管障害や脳障害を招く恐れがあり、死亡率が高いようです。
健康に悪いことは、即アンチエイジングにも悪いことになります。しかし、睡眠時間の長さだけでなく、質も大事です。熟睡できない人が多くなっていますが、熟睡できないのもまた、アンチエイジングの妨げとなってしまいます。
現代の人は睡眠障害に悩まされている人が多く、それぞれに工夫をしていても思うようにいかないのが睡眠です。睡眠障害と意識すればするほど酷くなってしまうので厄介です。
もし、熟睡できないようでしたら、レタスやタマネギのニオイが鎮静に効果があるのでおススメです。これらを夕食に生で食べてください。生で食べられなかったスープや傷めて食べてください。ニンニクも鎮静作用がありますから、キムチなども効果があるようですのでお試しください。
そして、アンチエイジングのためには10時ごろには寝るのが理想ですが、遅くても12時前には寝るようにしてください。