老化物質AEGについて

AEGは、終末糖化産物と呼ばれる老化物質です。この老化物質は食品中に含まれていて、食べた食品の中の老化AEGが体内に溜まっていき、そして老化現象を起こします。
AGEが体内に溜まれば溜まるほど老化が進むので、AEGが含まれている食品は極力避けなければなりません。
AEGが多く含まれている食品には、とんかつや唐揚げ、肉や魚の照り焼きなど油を使ったしつこい料理が多いです。したがってこれらの食品を食べ過ぎないことをおススメします。
また、こんがり焼けたホットケーキ他、ポテトチップスにもAGEが多く含まれているといいます。アンチエイジングのためには老化物質のAGEは食べたくないのですが、AGEが多く含まれているかどうかを見るのには、糖とタンパク質が一緒に熱を食われらたものや、キツネ色にこんがり美味しそうに焼かれたもの、香ばしく調理されたものなどがあります。
こうやって並べてみると、何か、美味しいものはみんなAGEが多く含まれているようですね。粗食の方が健康に良いと言われていますが、アンチエイジングにも良いようです。
AGEは、終末糖化産物と呼ばれるように、糖が大きく関係しています。リンゴの切り口が空気に触れて参加するように、糖が体内に入って酸化して、いわば糖が焦げた状態になり、老化を進ませるばかりでなく、動脈硬化ほか、様々な病気の原因になってしまいます。
AGEが皮膚にコラーゲンに溜まれば肌の老化がとなり、見るからに老けさせてしまいます。
甘いものの摂り過ぎや、脂っこいものやカロリーの高いものは避けて、野菜類を多くとり、いつまでも健康で若さを保つことをおススメします。